語学留学とワーキングホリデーの読みもの

凱旋門賞への道

ドラマ情報やゲームアプリについて書いています。その他いろいろ。

留学エージェントWintech(ウィンテック)を使ってみた感想!フィリピンセブに語学留学

僕は大学2年生の春休み19歳の時にフィリピンセブ島に語学留学しました。

留学といえば、アメリカやカナダなどの北米、イギリスなどのヨーロッパをイメージする人が多いのではないでしょうか?僕もそのイメージが強かったのですが、高校の同級生がフィリピン留学をやっていてフィリピン留学の存在自体を知りました。

そもそもフィリピンの公用語が英語であることを知らない人もたくさんいるはずで、僕も友人に聞くまでは知らなかったので、同じことを思っていました。

でも最近フィリピン留学が流行っているんですよね。流行っている背景として費用が安い、マンツーマンで教えてもらえるなどの理由があるみたいです。

 

留学費用は1カ月で50万円

僕は株式会社wintechという留学エージェントに頼んで、フィリピン留学を斡旋してもらいました。wintechは東京、神戸、山形、札幌にオフィスがあり、僕は兵庫のオフィスに通っていました。アメリカ、カナダ、イギリスからスペインまで英語留学に加えて、他言語の留学の斡旋も行っています。

僕が選んだコースはフィリピンセブ島にあるUSPLahugCebuCityという学校の、1コマ100分1日3コマやるgeneralコースを選びました。

もう一つspecialコースというのがあり、これは1日4コマやるコースです。エージェントに払った費用は1ヶ月で40万円ほどで、向こうの生活費で10万円ほど使ったと思います。留学費用の総額は50万円です。

 

すべてを教えてくれたWintech

留学することを決めてから大阪や兵庫にある留学エージェント何社かを訪れました。5社ほど周って一番親切に対応してくれたのが、wintechでした。

対応してくれた女性社員の方は、以前フィリピン留学を経験されていた方だったので信用できたというのもあります。海外事情や手配のこと何一つ事前知識がない状態の僕に、懇切丁寧に留学について教えてくれました。

そのエージェントの良かった点は、留学することに関してすべきことを全部教えてくれたことです。

例えば、クレジットカードの作り方。どのクレジットカードが海外旅行にオススメか、どうやってポイントを貯めるかまで細かく知ることができました。

そのエージェントを選んで失敗した点は、留学費用が他社よりも高かったことです。

知り合いが留学エージェントを同じようにやっているのですが、僕と同じプログラムで約20万円でした。大手の留学エージェントよりも、小さい留学エージェントの方が安い費用で留学に行くことができます。

 

通った語学学校について

上でも述べたのですが、僕はUSPLahugCebuCityという学校に通って1ヶ月間勉強しました。

この学校は大学の付属校で現地の大学生と交流することもでき、僕は彼らとサッカーしたり食堂でご飯食べたりしました。

学校自体は古く設備も良いとは言い難いですが、現地の学生と交流できるというメリットは他学校にはないでしょう。

 

留学エージェントを選ぶポイントとは?

留学エージェントを選ぶポイントとして僕は2つ考えます。1つ目は信頼できる事、2つ目は費用が安い事です。

1つ目に関しては自分で足を運んで実際に会社の人と会ってみるのが一番良いと思います。2つ目に関しては人脈がある人に限りますが、知り合いづてで小さい留学エージェントを紹介してもらうのも良いと思います。

小さい留学エージェントの方が費用を安くできるので、頑張って探してみましょう

 

留学エージェントは必要か?

留学エージェントは必要だと僕は思います。

フィリピンには語学学校がたくさんあり、信頼できない学校も多くあると聞きました。自分で語学学校に直接連絡して信頼できるところを探すのは手間だし、変な学校に当たるかもしれません。

それならば信頼できるエージェントを通した方が確実なのは間違いないです。セブ島は英語を学ぶにも遊ぶにも最適な国だと思います。ぜひセブ島での留学ライフを満喫してください。

 

ウィンテック社の留学パンフレット・資料請求はこちらから

www.wintechjapan.com

 

HN:ふみ 男性