語学留学とワーキングホリデーの読みもの

凱旋門賞への道

ドラマ情報やゲームアプリについて書いています。その他いろいろ。

「マニラの空港で一夜を過ごす…/トントンマッサージと屋台のマンゴー」セブ島旅行記

セブ島は、フィリピンの中部に位置し南北にわたってのびる細長い島です。首都のマニラの次に大きい都市で、リゾート地として有名です。マリンアクティビティも豊富で各国から観光客が訪れる人気の場所です。

セブ市はもともとスペインの植民地だったので、街の景観にその名残が感じられます。また、大型ショッピングモールもあり、かわいい雑貨店やお土産を買える場所が多数あります。

 

セブ島に行くことを決めたきっかけ

はじめて行ったのは、大学の卒業旅行の時、女2人でセブ島に訪れました。

純粋に、きれいな海が見たいという気持ちがあって、それでどこに行くか旅行先を検討していました。そして調べていくと日本から近くて、きれいな海があり、英語が母国語ということでセブ島に決定しました。

フィリピンは英語のなまりもあまりなく、比較的聞き取りやすい点も旅の目的地を決める重要な要因でした。私たちは英語科に属していたので、自分たちの英語のスキルをガイドさんなしでどれだけできるのか試したいという気持ちもあったからです。なので、航空券の手配から宿の手配その他もろもろ全部自分たちで行いました。

 

飛行機が遅れて空港で一夜を…

首都マニラを経由してセブ島に向かうルートで予約しました。関西空港からマニラまでは国内のLCCを利用してマニラからセブ島まではキャセイパシフィック航空を利用しました。

LCCの便の到着が3時間おくれてマニラからの経由便に間に合いませんでした。キャセイパシフィック航空の受付カウンターにいき、必死で説明するも(もちろん英語で)もともと乗る予定だった便が最終便だったので次の便は翌日の便しかないと説明されました。結局、空港で一晩過ごすはめになりました。

空港は綺麗でトイレも無料で入れたと思います。空港内の売店も数店明け方まで開いていたので、過ごしやすいほうではありました。

f:id:newyorker24:20160605094146j:plain

 

親切な人との繋がりでマリンアクティビティ!

翌朝、セブ島行きの便にのり1時間ほどで到着。セブ空港についてホテルまで徒歩10分でしたが、暑すぎるのと寝ていないのとで足取りが重い中、その様子を見ていたフィリピン人が助けてくれました。荷物を運んでくれてホテルまで案内してくれました。お金は要求されませんでした。

ノープランの旅だったので、翌日何をするか決めずにホテルを出発しぶらぶら歩いていると、昨日助けてくれた人とまたであったのです!その方と仲良くなり、色んな場所を案内してもらいました。

マリンアクティビティができる場所に連れて行ってくれたり(その人とオーナーさんが友達でした。)、ショッピングがしたいと言ったらその場所に案内してくれました。連れて行ってもらったのでアクティビティができるおすすめの場所の名前はわかりませんが、その人いわく、基本的にどこでアクティビティしても最高だと言っていました。日本みたいに事前予約しなくても、当日の予約で対応してくれるところが多いのもセブ島の魅力です。

 

トントンマッサージと屋台のマンゴー

ショッピングモールはSMシティーセブとガイサノマクタンに行きました。どちらも面白いお店がいっぱいあります。お土産はこの2店舗いけばそろいます。

あと、セブ島で旅行に行った際、必ず訪れてほしい場所がトントンマッサージです。1時間800円と日本では考えられない価格で、ちゃんとしたマッサージを受けられます。毎日通いたいと思いました。

逆におすすめではない食べものは、道端の屋台で切り売りしている緑色のマンゴーです。まだ熟していないので味は苦めです。好きな人は好きかも。物価が安いので試してみるのはありですね。

素敵な場所ですので、ぜひセブ島に行ってみてください。