語学留学とワーキングホリデーの読みもの

凱旋門賞への道

ドラマ情報やゲームアプリについて書いています。その他いろいろ。

セブ島のトイレにトイレットペーパーは置いてないし、流れないので注意してください

セブ留学でとても困ったことがありました。

  • トイレットペーパーが流れない
  • トイレットペーパーがトイレに設置されていない
  • トイレの流し方が分からない

日本ではどこのトイレでもトイレットペーパーは流れるし、どこのトイレにもトイレットペーパーが設置されていることが当たり前です。

しかしながら、セブではトイレットペーパーは流れないし、トイレットペーパーがそもそも設置されていないのです。

私たち日本人にとっては驚きの文化ですが、数日すれば慣れてきます。

f:id:newyorker24:20160605202527j:plain

トイレットペーパーは流れない

まずは「トイレットペーパーは流れない」という概念を頭に叩き込む必要があります。

人の習慣はなかなか直らないもので、初めの数日はトイレに入った瞬間「絶対にトイレットペーパーは流さない」と理解しているのですが、幼い頃から刷り込まれた一連の作業として無意識にトイレットペーパーを便座に放り込んでしまいました。

慌てて手でトイレットペーパーを便座から出すのですが、かなり衛生的に問題がありました。

また無意識に流してしまった時もありましたが、問題なく流れましたがたまたま流れたので良かったもののトイレが詰まる危険性があるので絶対に真似しないでください。

最初のうちはかなり意識が必要ですが、数日で流さないことが当たり前になります。

 

トイレットペーパーを常に持ち歩く

次に「トイレットペーパーを常に持ち歩く」ということを忘れないようにしなくてはなりません。

セブでは基本的にトイレットペーパーはトイレに設置されていません。

トイレットペーパーフォルダがあったとしてもトイレットペーパーはありません。

最新のモールのトイレにもトイレットペーパーはありません。

高級なレストランやホテルにはたまに設置されていることもありますが、基本的にトイレットペーパーは設置されていないという意識で行動することが必要です。

日本であれば無人の公園にだってほとんどの場合、トイレットペーパーが設置されています。

しかし、この感覚でいると手で水洗いする羽目になります。

異文化交流ということでセブの文化を受け入れるのも大変良いことですが、日本人にとって直接手洗いするのはかなり抵抗があると思います。

そんな状況にならないためにも常にトイレットペーパーを持ち歩くことをお勧めします。

初めのうちはトイレットペーパーをそのまま持ち歩いていましが、かなりかさ張るのでジップロックやビニール袋に何回分かのトイレットペーパーを入れて持ち歩くようにしていました。

長時間の外出じゃない場合やあまり荷物を持ちたくない時にお勧めの方法です。

ちなみに、トイレットペーパーをうっかり忘れてしまうこともありましたが、一人でない限り必ず誰かがトイレットペーパーを持っていたので分けてもらえました。

トイレットペーパーを忘れてしまった場合は焦らず声をかけてみましょう。

または、レストランやフードコートであれば紙ナプキンが設置されている場合も多いので少し分けてもらいましょう。

 

トイレの流し方が分からない

最後に「トイレの流し方が分からない」ということがありました。

日本では大抵の場合、レバーを引いたり、ボタンを押すことによって自動的にトイレは流れます。

しかしながら、レバーを引いてもトイレが流れないという事態がセブでは発生します。

レバーを引いても水が流れない場合は落ち着いて、周りを見渡す必要があります。

最初はトイレが壊れたのかと勘違いし、流さずに出てきてしまったことがありました。

後で確認すると設置されている桶の水を汲み、便座に入れてレバーを引くと水が流れる仕組みだったのです。

水洗トイレなのに手動で水を入れないと水が流れないのです。

トイレが流れない場合は落ち着いて周りを見渡すことが必要です。

必ず近くに水桶や水道が設置されているのでそこから便座へ水を補充してレバーを引きましょう。

最初は驚きと戸惑いの連続でしたが、すぐに慣れてくるので問題ありません。

衛生面がどうしても気になる方は持ち運びできる消毒スプレー等を日本から持参することをお勧めします。

 

ハンドルネーム:むぅみん 留学時の年齢:31歳 性別:女