語学留学とワーキングホリデーの読みもの

凱旋門賞への道

ドラマ情報やゲームアプリについて書いています。その他いろいろ。

ブリスベンに長期留学|意外と都会で住みやすい♪海も山も名所たくさん!

今から10年前の事ですが26歳の時、仕事を辞め、したかった長期留学に踏み切りました。

学生の頃に短期でケアンズに留学したこともあり、オーストラリアが大好きだったので国は迷わずオーストラリア!と思っていたのですが、都市選びには迷いました。

ケアンズは大好きでしたが、やはり大都市の方がコースの豊富な語学学校がたくさんあるので、候補から外しました。

シドニーやメルボルンはいまいち気分が乗らず、パースと散々迷った末、気候も良く、パースと比べて交通の便もいいブリスベンにしました。

f:id:newyorker24:20160520180731j:plain

意外と都会のブリスベン、気候も最高!

ケアンズでの留学経験があったため、ブリスベンもケアンズよりちょっと都会で少し気温が下がる程度だと思っていたら、シティーはケアンズとは比べ物にならないほど都会でした。

しかも、ケアンズの冬を想像して夏物しか持ってきておらず、急遽ジャケットを買ったことを覚えています。

ただ、さすがクイーンズランド。冬でも朝晩は冷えますが、日中の日向では半袖で充分なことが多く、夏は夏で日本の夏よりも相当過ごしやすいので気候面は最高です!

 

日本人が比較的少ない都市ブリスベン

日本人がなるべく少ない都市に留学したかったのもブリスベンを選んだ一因でした。

街の中にはいろんな国から来た人達が暮らしていて人種のるつぼといった感じです。さすがに通っていた語学学校(オーストラリアン カレッジ オブ イングリッシュ)では日本人もいましたが、ケアンズやゴールドコーストに比べると圧倒的に日本人は少なかったです。英語の勉強に集中できるのと同時に、いろんな国の移民が多くオープンなので留学生には過ごしやすいと思います。

1年丸々オーストラリアン カレッジ オブ イングリッシュで勉強していましたが、どのクラスも国籍の比率がバランスよくしてあって、いろんな国の友達ができました。クラス後や週末などはよく一緒に出掛けたものです。

ブリスベンのお店は飲食店とスーパー以外大体5時には閉まってしまい、少し不便さを感じる事はありましたが、その分自然がたくさんあり、日本の時とは違った余暇の過ごし方が楽しめました。緑豊かな公園や公園に設置してある無料のバーベキュー施設などを使い、のんびりリラックスしたオーストラリア流の生活をいろんな国から来た友達と楽しめたのは最高の思い出です。

 

たくさんの観光名所!海も山も!

ブリスベンの中にはカンガルーポイント、川沿いのボードウォーク、マウント・クーサなどなど沢山の見どころがあり、トランスリンクと呼ばれる公共交通で行くことができます。

ブリスベンの公共交通機関は高いですが、留学生でもフルタイムの学生なら学割で通常の半額になりとても助かりました。ブッシュウォーキングなども色々なところで楽しめるので自然の好きな人にはもってこいです。

さらに、北にはサンシャインコースト、南にはゴールドコーストがあり、世界的にもきれいなビーチでマリンスポーツが楽しみたい人、ヒンターランドで山やテーブルランドでホリデーを楽しみたい人にも最適です。

車があれば行動範囲は最大限に広がりますが、なくても公共交通、ツアーなどで充分に楽しめます。

サンシャインコーストも日がえりで行って帰ってくることも可能なので気軽に楽しめます。

 

ダイソーやモスバーガーもある!

食事などの面でも、さすがはインターナショナルな都市なので日本食だけでなく、韓国、インドなど色々な国の食料品店やレストランなどがあり、食に困ることはありません。やはり、少し高いですが、それほど気にもなりません。

今では、ダイソーやモスバーガーなんかもあり日本が恋しくなったりした時はすぐにでも行けてしまいます。あの当時はインターネットやスマホなどもそんなに普及していませんでしたが、今ではwifiも普通に使えますし、街の至る所にホットスポットもあり、便利になりました。

こんな、いろんな魅力のあるブリスベンです。今もまだ住んでいますが、ここを留学先にしてよかったです。